契約締結上の過失に基づく責任とは

2015年6月14日 / 未分類

契約を結ぶことがある場面では、必ず双方が契約内容をしっかりと把握して、事前に確認することが必要とされていますが、実際にはやむ終えない内容を持っているケースもあり、片方が一方的な不利益を持ってしまうこともあります。事例としては、住宅などを購入することを決めた際には、売り主と買い主の双方が存在していることになりますが、売却を行う側は当初は住宅を問題の生じないように管理をしていても、売買契約を行った際に、直前に火災などによって住宅が消失してしまうということもあり得ます。


この件に関しては買い主側からすると、確認することが困難な性質を持っていることになり、売り主側にとっても想定外の範囲とされてしまうことがあります。このままの状態で契約をしてしまった場合では、買い主が不利益を被ってしまうことになるために、信義誠実の原則に従って、発生してしまった損害に関しては、売り主が負担することを必要としている内容を持っています。不利益の部分に関しては、例えば買い主が事前に下見などを行った際に発生してしまった交通費、仕事を停止して行った部分に関しては逸失利益なども発生する場合も見られます。この事例によって本来では売主に請求することが難しいような内容でも、賠償責任を負わせることが可能とされています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る