不法行為について

2015年6月14日 / 未分類

日常生活をおくる中で、自分の過失で他人に損害を与えたり、他人の過失で損害を被ったすることがあります。民法では、自分の過失で他人に損害を与えた場合、損害が発生しなかったのと同じような状態に戻さなければならないことが規定されています。これが損害賠償責任です。損害賠償責任は、民法上、不法行為責任と債務不履行責任が問われた場合に発生します。


af9920061106l

このうち不法行為責任は、たとえば、自転車に乗っていて、自分の不注意で歩行中の人にケガを負わせてしまった場合や、キャッチボールをしていて、誤って他人の家の窓ガラスを割ってしまったといった場合に発生します。また自動車の運転を誤って通行人にケガを負わせたような交通事故の加害者になってしまった場合も含まれます。故意または過失によって、他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償しなければなりません。加害者はケガをした人や、ガラスを割られてしまった人に利益の損害を与えています。これは法律上保護される利益を侵害したことになるため、加害者は被害者に対し、損害賠償を金銭で支払うという責任を負うことになるのです。また、被害者が損害賠償を請求する場合、被害者は加害者に故意または過失があったことを証明しなければなりません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る